So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

『CVIT2017』~カテ室看護師の役割について発表しました~ [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは、ER/カテ室師長の柳です[かわいい]
7月7日七夕の日に京都で開催された『CVIT2017』に参加してきました。

今回の学会では、パネルディスカッション
『チーム医療の中のカテ室看護師の役割』というテーマで、
パネラーとして招待いただきました。残念ながら時間の都合上、
他施設のプレゼンテーターとの意見交換はできませんでしたが、
私自身今回の発表準備を進める中で、
「カテ室看護師の役割」について振り返る貴重な時間となりました[ぴかぴか(新しい)]

カテ室看護師の役割には2つあります。
1.患者の全体像をとらえ、個別性に応じたカテ看護の提供
2.術中の異常の早期発見と急変時対応              です。

カテ室看護師の役割として、
術中の異常の早期発見と急変時の速やかな対応はもちろんのことです。
でも、カテ治療を受ける患者さんを1人の個人としてとらえたとき、
検査入院のためADLが高く、検査が入れ替わり立ち替わりでは、
どうしても流れ作業のようになってしまいます[ふらふら]

そこで、カテ治療を受ける患者さんたちが安心して、
安全に、安楽に入院生活を過ごし、検査、
治療、看護を『さとう病院で受けて良かった』と思って頂けるように、
カテ治療を受ける患者さんの看護の質向上にむけて、
カテ室看護師が病棟でカテ患者さんを受け持ち、術前から術中、
術後を通して、病棟看護師と協働しながら看護の提供を行っています。
術中を知る看護師がかかわることで、より専門性をもって、
術前や術後の患者さんに看護の提供ができます。

「カテ室看護師の役割はカテ室だけじゃない!
カテ治療を受ける患者さんを一個人として、入院から退院まで
個別性に応じた看護を提供することがカテ看護なんだ」と、
自分達が実践している看護にあらためて自信を持ち、
「スタッフとともに頑張っていこう」と思えた1日でした[わーい(嬉しい顔)]

栄養管理コアチーム~日々、目からウロコの学び~ [3階病棟部署とスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]

3階病棟奥野です。
院内の栄養管理コアチームに参加させてもらっています。

栄養コアチームは入院患者さんで食事がなかなか進まず低栄養状態の方、
経口摂取ができず高カロリー輸液や注入食を栄養源としている方などの
栄養管理が上手くいっているかどうか
医師、看護師、栄養士、理学療法士などで連携し介入しているチームです。

去年1年間かけて栄養に関するマニュアルが完成しました。
マニュアル作成をするにあたって、担当した項目について調べたり、
外科の先生に内容の確認をしたりと、とても勉強になりました[ぴかぴか(新しい)]

胃瘻も「作ったら口から食べられない」
「作ったらずっと使い続ける事になる」という印象がありましたが、
栄養コアチームで勉強する中で食べることが出来るようになったら
胃瘻を抜去出来ることや高カロリー輸液からの
離脱することが出来るということを知りました[ひらめき]

患者さんにとって栄養状態を改善することは、
創傷治癒や離床にも関係してくるのでとても大事なことだと学ぶことが出来たので、
いつかそれを患者さんに還元できたらいいなぁ・・・と思います[わーい(嬉しい顔)]
  
  コア..jpg

就職セミナー~当院の良さを「百聞は一見にしかず」 [病院紹介]

こんにちは[exclamation]


★多くの学生さんとお話ができて、楽しかったです。
「まだよくわからなくて・・・」と言いながらも多くの質問があり、
学生さんの熱い思いが伝わってきました。
「百聞は一見にしかず」ですので、ぜひ病院見学にきていただき
当院の雰囲気も感じていただけたらと思います[ぴかぴか(新しい)]

★多くの学生さんとお話ができたこと嬉しく思います。
教育制度や福利厚生などお話させていただきましたが
まだまだ伝え切れていない部分もたくさんあります。
ぜひ病院見学で、当院の雰囲気、
スタッフの様子などを確かめに来てくださいね。待っています(*^_^*)

雨の中、本当にたくさんの方に来ていただいたこと、嬉しく思います。
未来の後輩達が、たくさん育ってくれるといいですね♪

合同病院説明会に関わった全ての方々へ、本当にありがとうございました[かわいい]
   DSC_1753.jpg

就職セミナー多くの学生さんに参加していただきました~ [病院紹介]

みなさま、こんにちは[かわいい]

先日9日、H29年度入職の新卒看護師と共に新人教育に携わる一同で
マイナビ看護学生の就職セミナー合同病院説明会に行ってきました[exclamation]

その日は雨でしたが、気分はウキウキ♪
学生さんがたくさん来てくれるといいな~なんて思いながら(笑)
美味しいランチでおなかも満たされ足取り軽く会場に入りました。

ということで・・・
担当者の声を2回に分けてお届けします!
★ブースを訪れてくれた方は、
動機は様々でしたが「他の病院よりとても楽しそうです」
「教育体制が充実していると感じました」など、
当院の教育体制にとても興味を持ってくれました。
説明をする中で、皆さんの熱意を感じとても嬉しく、楽しいひとときでした[ぴかぴか(新しい)]

★合同就職説明会、お疲れ様でした。
たくさん病院があるなかで、
当病院のブースに来ていただき、本当にありがとうございました。
私も、就職説明会に参加したときに、
病院の話しを聞いて、強く惹かれたことを思い出しました。
笑顔で話しを聞いてくださって、
また、積極的に質問してくれてうれしかったです。
もし、当病院がすこしでも気になる方がいてくれたら、ぜひ病院見学へお越しください。

ラダーⅡ-①研修~フォローワーシップ~既卒入職の学び [心臓センター部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
心臓センターの辻田と申します。
今回5月に行われたラダーⅡ-①研修に参加させて頂きました。

テーマは
「フォロワーシップ概論〜自分自身で創り出そう! 
リーダーを支えるフォロワーへの第一歩!〜」です。


「フォロワーシップ」って、皆さん聞いたことありますか? 

「フォロワー」とは、リーダーを補佐する人のことで、
フォロワーには他のフォロワーとも協同して
リーダーを適切にフォローしていく力が求められます。
したがって「フォロワーシップ」では、リーダーとフォロワーが
よりよい相互関係をもつことがとても大切になってきます!

研修では参加者が自分がどんなタイプのフォロワーなのか、
自己診断(?)し、発表しました[ぴかぴか(新しい)]
ちなみに小心者の私は、上司を疑わず盲目的に従う「盲従型」でした。

よきフォロワーとなり、
フォロワーシップを発揮するために必要なスキルがあることも学びました。
それが、普段臨床で言われている報告・連絡・相談と確認です。
この報・連・相をスムーズにするためには、
「アサーション/アサーティブ」「ケアリング」「クリティカルシンキング」といった
コミュニケーションスキルが大事であることがわかりました[ひらめき]

最後に、参加者はフォロワーシップにおける自分の強みと弱みを振り返り、
今の自分のスキルで何ができるかを考え、スキルアップしていくことが
フォロワーシップを発揮することにつながっていくのだと学びを得ることができました[かわいい]

いつもリーダーや先輩からフォローして頂いている側の
自分がフォローするなんてできるのだろうかと思っていましたが、
日々感謝の気持ちで、フォロワーシップを心がけていきたいと思います!
  DSCN5609.jpg

エンゼルケア実演研修~その人らしさを大切にします~ [ICU/CCUとスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
ICUの下原です。

毎年ICUでは、
既卒も含め新入職の方にエンゼルケアについて講義を行い、
実技練習を実施しています。

昨年は、
他部署の方からも参加したいと言う声を聞くことができ他部署からも多数、
講義と実技に参加してくれました。

講義では、ご遺体の変化やケアのポイントなどを説明し、
実技では実際スタッフが2名患者さん役となってくれ皆でメイクをしていきました。

その中で
「なぜ男性にメイクをするのか講義を聴いて必要性がわかった」
「自分の家族がこうして綺麗にしてもらえるとすごく嬉しい。」
「自分も患者さんの最期を家族と一緒に綺麗にしたい」
「メイクって難しいと思っていたけど、
患者さんらしく綺麗にすることが大切ですよね」
など嬉しい言葉を沢山聞くことができました[ぴかぴか(新しい)]

実技練習では
『チークが濃すぎる…』『ファンデーションの色あわせが難しい…』
『口紅が濃い…』『口紅が薄い…』

などなぜ?何?と意見交換しながら進めることができました。

当院には、男性看護師の人数も増えてきましたので
男性看護師への指導にも力を入れています。
普段メイクをする女性でもいざエンゼルメイクとなると難しいので、
男性看護師は尚更難しく感じると思います。

男性女性問わず誰が行っても綺麗に、
その人らしいエンゼルケアが出来るように
これからも取り組んでいきたいと思います[手(グー)]

  HP 写真1..jpg  hp..jpg



4階病棟スタッフ自慢~地方出身のご紹介~沖縄編 [4階病棟❖部署とスタッフ紹介]

こんにちは、4階病棟です!
4階病棟は、約半分が地方出身の方です(^^)笑

兵庫県、大阪府、東京都、福井県、
広島県、鹿児島県、沖縄県など様々な出身の方がいます。
たまに、あれ?ここは兵庫県?と疑うほど、
各地の訛りが聞こえてくるときもあります(笑)

せっかくなのでいろいろな地域の紹介をしていきたいと思います(^^)/~
第1段は、沖縄!!!
4階病棟には沖縄出身の看護師が6人もいます!
沖縄と言えば、
ゆったりしたイメージでうちなータイムが有名です[かわいい]
友達との約束は、
待ち合わせ時間に家を出るということもあります…(笑)
でも仕事ではそんなことありません!!(^^;)
みんなそれぞれホームシックになるときもありますが楽しく関西で過ごしています。

沖縄といえば青い海です。
どこの海でも基本きれいですが、
本島よりもやっぱり離島の海の方がとてもきれいです!
宮古島や石垣島は観光客も増えていて
おしゃれなカフェとかもたくさんあるのでオススメです☆
あと、おいしいご飯があります[るんるん]
質素なご飯からジャンクフードまで(笑)
タコライス、沖縄そば、豚を使った料理、
チャンプルーなど珍しい料理をぜひ食べてみてください(*^_^*)
地元民のオススメはヤギの刺身です!(笑)
ぜひ、沖縄で独特な雰囲気を感じてみてください♪

次回、またどこかの地方の紹介をさせていただきます(^_^)

  っっtl.jpg


急性期病院である当院の緩和ケアチームについて [3階病棟部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]

3階病棟の加賀山です。
私は以前より3階病棟の心不全チームに所属しています。
チーム活動を通して、
心不全患者の看護に携わり実践する中で感じた事があります。
それは、心不全は寛解と再燃を繰り返す特性上、
予後予測が非常に難しく急性期から終末期へ移行した際に
患者やその家族の支援がとても難しいという事です[ふらふら]

様々な葛藤がある中で、
院外研修の「心不全の緩和ケア・意思決定支援」について学び、
循環器領域、心不全にも緩和ケアって適応するんだ
という事を私自身はじめて知る機会になりました。
そんな時に、「緩和ケアチーム」が当院で発足する事を知り
チーム医療で患者・家族をサポートできるのでは!と飛び込んだ感じです。

緩和ケアチームでは、
医師・看護師・薬剤師・理学療法師などが集い患者の抱える苦痛や
今後起こりうるサポートが必要な内容について毎週協議し、
苦痛緩和のための対策・アプローチを見出しています。
看護師だけでは気付けない事も、
色んな視点から患者を捉える事で解決の糸口が見えて、
患者が少しでも安楽に治療が受けられるように
支援できている事が今はとても嬉しいです[ぴかぴか(新しい)]

まだまだ循環器領域での緩和ケアの認識は低く、
これからな部分は大いにあるのでまずは
3階病棟に入院される心不全患者さんを対象に、
ケアをしっかりしていけたらいいなと思っています。
病棟に向けても、「心不全の緩和ケア」について勉強会を開いたり、
今後も3階病棟の看護の質・向上を目指して取り組んでいきたいと思います[手(グー)]
    緩和1.jpg
                     

新規OPEN~心臓センターにCCUが併設されます~ [心臓センター部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
心臓センター副師長の大坪・金谷です。

今回は、重大発表があります。
何と、心臓センターにCCUが併設されることになりました!!

OPENに向け、まだまだ準備段階ではありますが
上司と楽しくOPENに向けて日々奮闘しています(*^-^*)[るんるん]

元々あった大部屋二つの壁を無くし、CCUが作られます。
計4床の重症患者さんの病床と、一般病床が18床となる予定であり、
急性期から回復期の幅の広い看護が実践できます[ぴかぴか(新しい)]
重症患者さんの看護を学びたいけど、
ICUは自身がない・・・と思っている方は多いと思います。

病棟には、ICU経験のあるスタッフは勿論、
院内には認定看護師もいますので指導を受けることができる環境は整っています!

重症看護の経験の有無に関わらず、当院で一緒に重症看護を学び深めてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております!!

   3..jpg

既卒プリセプター研修~担当者の学び~ [療養病棟☆部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
今年度、既卒プリセプター研修を担当する5階病棟の高嶋です。

第1回の研修について皆さんにご紹介します。
研修では、プリセプターの役割や新卒プリセプターと既卒プリセプターの違いや
過去の既卒プリセプターをした人の悩みや対処方法について講義を行いました。

次に、お互いのプリセプティの紹介を行いました。
プライベートな情報まで紹介しているプリセプターもいて、
お互いにコミュニケーションが図れ、信頼関係ができてきていると感じました。

グループワークでは、自分がプリセプティをしていた頃を思い出し、
どんなことに困り、どんな言葉に助けられたのかを話し合いました。
今回プリセプター研修に参加した人は既卒で当院に入職した人ばかりだったので、
自分の入職時に感じた事や困った事、うれしかった事を思い出してもらうことで、
自然とプリセプティへの関わり方が見えてきたようでした。

また、各プリセプターが半年後のプリセプティの到達目標を設定しました。
自分達が考えた目標です。
是非、達成できるように支援を行っていきたいと考えています[ひらめき]

最後に「自分を知る・他人からみた自分」を知ることで
今後のプリセプティとの関わり方を考えてもらう参考になればと性格診断を行いました[かわいい]
タイプを動物で診断するものでしたが、
プリセプターの人の診断結果は「イヌ」「サル」「ネコ」でした。
どの人もかわいい動物で安心しました。(笑)

当院では、既卒看護師の支援も強化しています。
既卒プリセプティと共に学び、共に成長できるように頑張りましょう[ぴかぴか(新しい)]
    IMG_3129.jpg
前の10件 | -