So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

夏合宿?~メンズナースが看護部を盛り上げます~ [ICU/CCUとスタッフ紹介]

こんにちはICUの柳澤です[わーい(嬉しい顔)]

皆さん夏と言えば何を連想しますか?
そうです!!!海にBBQに花火ですね!![晴れ]

今回は私達、東宝塚さとう病院のナースマンの夏休み旅行について特集します!!

夜勤明けの方もいましたが皆で仲良くバスで出発です!!!
バスの中は皆さん自由な時間を過ごし現地に到着~そしてBBQです☆☆
沢山食べて・沢山飲みました☆☆

ご飯の後は海です~[リゾート] 
僕自身初めてのバナナボートを体験することができました。
沢山、口・鼻に海水が入り少し苦しかったですがとても楽しかったです。

天気にも恵まれ海日よりでした!!!
集合写真もバッチリです☆☆(皆さんややお疲れモード笑)

夕食後は皆でUNO大会をしたり
お菓子を食べながら談笑したりし
普段話さないあんなことやこんなことなど♪♪
みんなで布団を敷いて寝たり、団体行動をしたりして合宿のようでした(笑

最後はみんなで花火をして夏の思い出を作りました!!![ぴかぴか(新しい)]
部署が違っても仕事場で話をしたりしますが仕事以外のことも沢山話す機会となり
交流を深めることができナースマンの団結力がより高まった旅行でした!!

当院には男性看護師が多く働いておりとても働きやすい環境です。
ナースマン一同、未来のナースマンをお待ちしています[exclamation×2]

       CIMG0249.jpg  IMG_7743[1].jpg

慢性心不全患者の看護の質を高める~退院調整看護師養成研修受講~ [心臓センター部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
心臓センター 副師長の大坪です。

今月から退院調整看護師養成研修を
受講することになりましたので、少しお話させていただきますね。

受講しようと思ったきっかけは、
近年慢性心不全の増悪と寛解を繰り返す患者様が増加しており、
また退院後も看護支援を必要とされるケースが多く、
自己の知識を向上したいという気持ちが強くなったからです[手(グー)]

この研修では、集合研修だけでなく、
訪問看護実習や近隣の病院での実習もあります。
普段の勤務では、退院後の患者様の訪問や、
他施設での退院調整がどのようにされているのかなど
経験出来ないことも、この研修では経験出来るので、今からとても楽しみです[ぴかぴか(新しい)]

この研修で学んだことをしっかり病棟スタッフと共有出来るように頑張ります[exclamation×2]

  あ.jpg.jpg

外来の紹介と師長のストレスマネジメント [外来部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
外来師長の広田です。
私は、今年度から師長に就任しました。
師長となり4ヶ月が経ちましたが、不慣れなことが多く、奔走している毎日です。
そんな私のストレス発散は、『韓国に行く』『美味しい物を食べる』事です[ぴかぴか(新しい)]
写真は、私が大好きな鍋料理です。
    画像1.jpg

外来を支える看護師は、私を含めて9名です。
少人数なので、時には姉妹のように、時には良いライバルとして外来を盛り上げ、
和気藹々とした部署です。
ママさん看護師が多く、休憩中はお子さんの話や、夕食の献立、
知恵袋的な話など盛り沢山で、休憩もあっという間。笑顔にあふれる部署です[わーい(嬉しい顔)]

既卒看護師の1年間の学び~ICU看護~看護師として働くことが楽しいです!! [ICU/CCUとスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]
ICU配属2年目の廣富です。
今回は既卒看護師1年間の学びについてブログを書かせて頂きます。

私は看護師5年目の4月に宝塚さとう病院に周手術期を学びたく就職しました。
病棟経験2年、手術室2年経験でICUの配属は最初とても不安が大きかったです。
手術室2年間は患者さんと関わる時間も短く、点滴作成も殆どしていませんでした。
病棟を離れていた私がICUで患者さんの看護を本当に行なえるのかと
不安が大きかったことをよく憶えています。
そんな私にICUの先輩方は『最初はスタッフの顔と名前から覚えていこう。』と声をかけて下さいました。
沢山声を掛けて下さり体調面もとても配慮して下さいました。

業務では最初手本を見せて下さり、次に一緒に行い、問題無ければ一人で行っていきました。
ICUのチェックリストがあるのでそれを先輩と確認しながら
日々業務で行えることが増えることがとても嬉しかったです[わーい(嬉しい顔)]
今は心臓の補助機械がついている患者さんを先輩のサポートの元受け持つ事が出来、
1年前の私では想像出来ないほど沢山の事が出来るようになったなと思います。

今はICUの家族看護チームに入り家族と信頼関係の構築ができるように日々かかわっています。
ICUに入室している患者さんは術後や緊急入院のため家族さんも毎日患者さんのことが
とても心配で不安だと思います。
そんな家族さんの支援者になれるよう関わって行きたいと思います。
4月からはICUにも新入職が沢山入ってきました。
私が1年前に先輩達にして頂いたようにICUで働くことが楽しいと思えるようにサポートしていきたいです[ぴかぴか(新しい)]
    ブログ harituke.jpg

災害支援ナースって…?~学びを活かします~できることから取り組む [4階病棟❖部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]4階病棟主任の甲斐です。

先日、災害看護についての研修に参加してきました!!

「災害看護」と聞いて私はまず、東日本大震災が頭に浮かびました。
東日本大震災から早5年。
自然災害時に看護師が現場でどのような働きができるのだろう?
また現場の看護師に対するニーズってなんだろう?とふっと思いました。

東日本大震災では災害支援ナースも多く派遣され、現場で活動されています。
知らない土地での活動で当初はなかなかうまく動く事ができず逆に足手まといになったこともあったそうです。
しかし、そこで看護師として役割発揮するため、看護師は動かざるを得ません。
というより、看護師としての使命なのか、すでに無意識に身体が動いていると話されていました。
やはり第一声は、地域住民への声かけ[exclamation]
「元気?」「ご飯は?」などたわいもない声かけ。コミュニケーションのプロだな…とつくづく思いました。
たかだか一言二言の声かけ。されど声かけ。これがまた被災者にはとても重要なもの[ひらめき]
たった一言・二言の「声かけ」の重みを痛感しました。

阪神間に立地している当院も災害は人ごとではありません。
常に起こるかもしれない!と予測し今後当院でも「災害看護」について
どんどん研修やシミュレーションを実施していきたいと思いました[わーい(嬉しい顔)]

※災害時に使用するトリアージタッグ
 トリアージタック.jpg


心臓センター★歓迎会★~チーム力のアップを実感!! [心臓センター部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
心臓センターの村角です!

先日ICUから心臓センターへ配属になられた宮邊さんの歓迎会を行いました。
今回は心臓センタースタッフだけでなく
循環器内科医の先生方も参加して下さりとても盛り上がりました[キスマーク]

日頃仕事の話以外あまり話す機会が無かった先生方やスタッフ達と
プライベートの話をし、飲みニケ-ションを行うことでさらに絆が深まったと思います[バー]

こうしたコミュニケーションが図れることでより良い看護に繋がると思いました。
これからもチーム力を高めてよりよい医療と看護の提供に邁進していきます。

   o.jpg    i.jpg

メンズナース集結~親睦と結束力~真夏の夜を満喫! [ER/心カテ室部署とスタッフ紹介]

こんにちは[晴れ]
ER/カテ室の日指です。
先日、メンズナースで海に行ってきました[わーい(嬉しい顔)]

部署を超えた親睦とメンズナースの結束を深めることを目的に、
家族を含めて、総勢10名で福井県の高浜海水浴場に遊びに行ってきました。
昼飯のバーベキューの後、色々な種類のバナナボートで遊びました[exclamation×2]
座って乗るボート、体を腕の力だけで支えなければならないボート、
1人乗りのボート、5人乗りのボート、どれも高速のジェットスキーで引っ張られ、
振り落とされないように必死でしがみつくのが大変でした。
次の日の朝起きたら全身筋肉痛になるくらい、海で思いっきり遊ぶことができました。

夜は、男性ばかりで花火大会、最後の最後にみんなでした線香花火は
楽しかった1日が終わる寂しさだけでなく、男性だけでする花火の虚しさを感じるものになりました[ぴかぴか(新しい)]
企画して頂いた会社の方からは、来年はメンズナース以外も参加してくれると嬉しいですとのことでした。
来年も開催予定です[手(チョキ)]
業務調整をして頂いた部署の皆さん、師長さん有り難うございます。
来年も宜しくお願いします。

     CIMG0234.jpg  CIMG0224.jpg

夏休暇を満喫~イタリア旅行記第二弾~ [療養病棟☆部署とスタッフ紹介]

こんにちは、5階病棟看護師の増田です[わーい(嬉しい顔)]
お待たせ致しました。夏休み、第二弾イタリア旅行記です。

今回は、以前結婚式に参列した友達に、ソフィアという女の子が誕生致しました。
ベビーシッターと、お祝い兼ねて行ってきました。
お祝いは、アンパンマンのベビー服と、冷えピタを持って行き、
アンパンマンは、さすがに知られておらず、ANPANMANは日本では有名アニメである事と、
冷えピタの使い方を説明すると、イタリアにはないと目をまんまるにし喜んでおりました。
ソフィアは、パパそっくりやなあと関西弁の日本語教育もしてまいりました。

観光は、ローマを起点にフィレンツエ→ピサ→ローマ[ぴかぴか(新しい)]
ピサの斜塔は、まだ傾いたままで、皆さん支えのポーズで写真撮影です。
ローマもトレビの泉は改修工事が終え綺麗になりましたが、
ローマの休日で有名なスペイン階段は反対に工事中で階段を昇る事は出来ず、
ヘップバーンの気分に浸る事なく見るだけで終わりました。

ヘップバーンになれるかしらと、ジエラートを食べたらぼられる始末です。
まあ、最初に値段を聞かなかった私が悪いと諦めました。
しかし、さすが、食の都だけあり、毎日、毎日、ピザ、ジエラート、パスタ、
冷えたビールに、ケーキに、あーこのままでは、ダメだわ、白衣に支障を来たしてしまう。
でも、我慢出来ない。豚豚になってもいいわー♪
食べて食べて、思いっきり食べた結果、ナイスバデイ見てください。
食べものは美味しい所に限りますね[るんるん]

皆さんも、一度はイタリアへおいでませ。陰の、イタリア観光大使となりお勧めいたします。



      pizza ブログ.jpgコロッセオ ブログ.jpg

      トレビの泉 burogu.jpgピサ斜塔 ブログ.jpg


病棟クラーク1年目です。~患者さん、家族さんとのコミュニケーションを大切にしています~ [看護部 クラーク(病棟・特殊領域)]

こんにちは。4月に入職した3階病棟クラークの山木です。
入職してからのことを書かせていただきます!

私は医療事務の専門学校に通っているときに
病棟クラークの仕事を知りました[ひらめき]
人と接することが好きということと、
病院で働きたいという思いがあり、
クラークの仕事を調べていくうちに医療や看護に関わる
事務作業を主に患者さんと接することができ他職種の方たちとも
連携をとれると知ってこの職業に就きたいと思いました。

入職してからは、自分自身の要領が悪くて
できるのか不安はありましたが、先輩たちみなさんが優しくて
丁寧に教えて下さったおかげで仕事の出来る幅が広がり
楽しく充実した日々を送っています[るんるん]
入院患者さんのお迎えや検査案内、検査搬送を行うにあたって
患者さんとも家族さんとも関わる機会が多く、
たくさんコミュニケーションをとれて嬉しく思っています。
これからも笑顔で丁寧に接することを心がけて
報告・連絡・相談をしっかりして、
看護師さんが働きやすいようにこれからも頑張っていきます[手(チョキ)]
   
     キャプチャ.jpg

手術室看護の楽しさ・奥深さを実感~手術看護が大好きです~ [手術室★手術室看護とスタッフ紹介★]

こんにちは[かわいい]
手術室看護師の佐野です。
8月に入り本格的な夏に突入ですね。

当院は秋から冬にかけ循環器疾患を抱えた患者様が増えてくるため、
OP室でも緊急手術が増えてきます。
そのため、夏のこの時期には交代で夏休みを取得し、リフレッシュするようにしています。
メンバーそれぞれ北海道から沖縄、海外と、思い思いの夏休みをプランニング中です!

私はというと…新卒3年目ですが、この9月から産休に入ります。
まだ3ヶ年教育計画の志半ばにして、正直、産休を取ってよいのか迷いもありましたが、
個人のワークライフバランスを優先してくれるのも、この部署・病院の魅力的な所だと思いました。
体調に合わせて、勤務内容や待機日数も調整してもらえているので、
なんとか産休まで元気に働くことができそうで、とても感謝しています[exclamation×2]

少し入職からの2年半を振り返って見ると…
私は新卒からこの手術室で勤務してきました。
看護師としてはもちろん、手術室看護師としても右も左も分からない私に
プリセプターだけでなく、関わる全ての先輩が手取足取り一から教えてくれました。
8人前後の少人数制のチームなので、いつもみんなに見守られている安心感がありました[ぴかぴか(新しい)]
初めて心外手術を一人で完投した日には先輩と涙を流したことを今でも覚えています。

手術室に勤務すると、患者さんと接する機会が少ないのでは、
何か物足りなさを感じるのではないかと考えた時もありました。
確かに患者さんと直接接する時間は短く、
術前訪問をしていてもあまり患者さんも覚えていないことも多いです。
手術は入院して治療を行う患者さんにとってはとても大きなイベントになります。
そこに関わるということはとても魅力的でやりがいを感じると思いました。
直接患者さんから「ありがとう」という言われる機会が少なくとも、
元気に回復する姿を見ると「手術を受けて良かったね。」という思いでいっぱいになります。
おかげで本当に手術看護が大好きで、
今でも大きなお腹ですがまだ1件でも多く手術につきたい気持ちでいっぱいです[わーい(嬉しい顔)][exclamation]

手術看護の楽しさ・奥深さを教えてくれたこの部署に少しでも学びを還元できるように、
残りの勤務期間を過ごしたいと思っています。
    
      DSC00202.jpg
前の10件 | -