So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新卒者集中研修の学び~私たちも楽しく学びます~ [新人教育]

こんにちは[晴れ]

昨日に続き、集中研修3週目の研修について
担当をさせて頂いた3階病棟戸田がお話しします。

午後の研修は口腔ケアについてです。
こちらも講義を交えながら実際にスポンジブラシや
リフレケアの使用感を体験しながら、
口腔ケアの大切さについて学びました[ひらめき]

皆さん初めて使用するスポンジブラシやリフレケアの感想など、
安楽な口腔ケアについて積極的に意見交換しながら学べていました!

本日の研修では午前、午後ともに病棟で実際の患者さんの食事風景や
口腔ケアの様子を見学させていただきましたが、
その際には患者様やご家族様にしっかりと笑顔であいさつと、
感謝の気持ちも伝えられていました。
接遇といった面で、当院での看護師であるという
自覚も身に付いてきているなぁと感じました[手(グー)]
1日を通して皆さんが真剣に研修を受けられている姿を見て、
知りたい!学びたい!という気持ちが十分に伝わっってきました。
研修も後半に突入し残り少なくなってきましたが、
最後の研修までしっかり頑張ってくださいね!


 DSCN2525.jpg DSCN2521.jpg

新卒者集中研修~担当者の学び~ [新人教育]

こんにちは[晴れ]

研修3週目のこの日は、食事と口腔ケアについてでした。
今回、研修担当をさせて頂いた3階病棟戸田です。

午前の研修は、普段私たちが当たり前のように
摂っている食事「食べることの意義」についてディスカッションをしました。
単に空腹を満たす事、栄養補給といった生理的意義だけでなく、
患者様にとっての生きる喜びといった精神的意義であったり、
コミュニケーションの場といった社会的意義があるのではないかと、
新卒者の皆さんから大切な意見がたくさん出ました[ぴかぴか(新しい)]

またその食事を摂る際の環境整備、
ポジショニングについても実際にベッドに臥症し経験してもらいました。
普段ベッド上で食事をとることは無い為、どの姿勢が楽なのか?
安全に快適に食事摂取ができるポジショニングをチームで真剣に実践していました。
その際も麻痺のある患者さんだったら?
円背のある患者さんだったら等とあらゆる場面を想定し
自分達で課題を見つけて取り組めていました[わーい(嬉しい顔)]
長くなってしまったので午後の口腔ケアについてはまた明日お話します!
 

DSCN2509.jpg DSCN2510.jpg

新卒者集中研修「食事援助」「口腔ケア」の学び [新人教育]

こんにちは[かわいい]
本日は集中研修11日目をお伝えします[exclamation]

4月21日の研修は「日常生活における援助(食事)」です。
担当は新卒看護師の河野と下川です。

午前の研修では「食べることの意義」の講義で、
患者さんは食べることが楽しみな方も多いので、
出来ていないことを注意するのではなく、
どのようにしたら患者さんやより快適に安全に食事を摂れるのかを
提案する事が大切だと学びました。
演習を行って、良い姿勢を保持する事の難しさが分かった[ひらめき]

午後は「口腔ケア」の講義で、
呼応空ケアは誤嚥性肺炎の予防になるが、
スワブが水浸しだと誤嚥のリスクが高まるので気を付けたいと思った。
ケアには、必ず根拠が存在し、意義があることを忘れず、
また、1人で行うのではなく、チームで同じ方向を見てケアを進める事で、
より効果の高い結果が得られる事が分かりました。

    DSCN2517.jpg DSCN2522.jpg

ジェネラリスト育成計画~ラダーⅠ~5月研修のお知らせ [新人教育]

5月29日に開催される1日研修「新卒者教育プログラム」のお知らせです。

5月4週目の研修は「フィジカルアセスメント(痰の吸引)」です。

詳細はポスターをご確認ください。

   キャプチャ.PNG
[グッド(上向き矢印)]クリックすると大きく表示されます


新卒者集中研修「環境調整」「活動・睡眠」の学び [新人教育]

こんにちは[かわいい]
本日は集中研修10日目をお伝えします。

4月20日の研修は午前が「看護援助における環境調整」、
午後が「日常生活における援助(活動・睡眠)」です。
担当は新卒看護師の上田と比嘉と竹内です。

午前の療養環境については
物理的環境・対人的環境・管理、教育的環境の3つの視点で考えました[ひらめき]
物理的環境として温度や湿度・騒音・換気の調整・物品の補充や点検、
対人的環境として人間関係や
家族関係・個人空間・対人距離・生活リズム・価値観、
管理・教育的関係では
ペアチェックやダブルチェックの確認・感染予防としての
清潔操作・物品の消毒などがグループワークで挙がりました。

午後の「活動すること」「眠ること」では、
活動とはいきいきと行動すること・眠ることに関する
看護の基本的機能として
(環境調整・コミュニケーション・安全や安楽・倫理)を
考慮しなければならないことを学びました。
患者体験をすることで、より一層患者様の視点に立つことができ、
この気持ちを忘れずに5月から配属される病棟で活かしていきたいと思いました[るんるん]

      DSCN2478.jpg DSCN2485.jpg

平成29年度入職記念品贈呈式 [トピックス]

先日、毎年恒例の入職記念品の贈呈が行われました[ぴかぴか(新しい)]

贈呈品は入職者のネーム入りの聴診器、ボールペンです。
東野病院長より一人ひとりに手渡されました。

皆さん、改めてですがおめでとうございます。
4月1日の入職式後、1ヶ月半が過ぎましたね。
入職オリエンテーション、新卒者集中研修では基礎教育から臨床につなぐ知識・技術の確認、
新卒看護師としての心構えを学び、ゴールデンウィークにはそれぞれ休日を楽しんだことでしょう。

現在は配属部署のプリセプター、先輩看護師の支援のもとに臨床看護の学びの真っ最中ですね。
集中研修後、同期と離れる寂しさ、配属部署で学ぶ緊張、不安を言葉にしていましたが、
それぞれ、頑張っていますね[手(チョキ)]

朝、更衣室や階段前で「頑張ろうね[exclamation×2]」と同期同士で声を掛け合う
先輩看護師にピッタリついて共に患者様に接する
一日の振り返りシートに学びを集中して書き込んでいる様子
一日を終え、笑顔で「お疲れ様でした」と元気に帰宅していく姿
配属部署での支援を得ながら一歩一歩前進していることを実感しています。

焦らずにできることから確実に知識・技術・態度を習得していってください。
 
  DSCN2730.jpg DSCN2741.jpg
                            

新卒者集中研修「看護倫理・対人関係スキル」「静脈内注射」 [新人教育]

こんにちは[晴れ]
本日は集中研修8日目をお伝えします。

4月19日の研修は午前が「看護倫理・対人関係スキル」、
午後が「安全な与薬について:①静脈内注射の分類②危険な薬剤について」です。
担当は新卒看護師の佐藤と河野です。

午前の看護倫理・対人関係スキルでは、
実際に臨床で起こっている問題を上げ、問題点や介入方法を考える事で
患者さんと家族と医療者との関係の中で起こりえる倫理問題を知ることができました[ぴかぴか(新しい)]
午後の静脈内注射の講義では、
解剖生理を踏まえて適切な血管選択をする事は、
理由や目的があるのだと分かりました。
また、静脈注射、採血時の合併症についても学ぶことができました。

危険な薬剤について、今まで聴いたことのない難しい名前の薬があったが、
これから経験を通して、少しずつ覚えていきたいです。
また中でも取り扱いに注意が必要な薬があることも学び、
与薬を行う上で知識や技術が必要であることもわかりました[ひらめき]
 DSCN2462.jpg DSCN2471.jpg

家族支援チーム~お疲れさま会~ [ICU/CCUとスタッフ紹介]

こんにちは[かわいい]
先日、家族支援チーム5名で
1年お疲れさまでした。これからも頑張ろう
ということで焼肉を食べにいきました。

全員日勤後でお腹ペコペコだったので、
お肉がでてきて無言でガッツキ30分足らずで
食べ終わってしまってました・・・・。女子しかいないのに・・・
それからは、のんびりとお肉を焼きながら会話を楽しみました[るんるん]

会話のメインは、“恋愛”について‥
仕事の話しは全くでず終始笑いながら楽しい時間を過ごしました。
また今年度も、皆で学習をして患者家族支援に活かしていけれるように
頑張っていきたいと思います[手(グー)]

  12.jpg

ジェネラリスト育成計画~ラダーⅠ~5月研修のお知らせ [新人教育]

5月20日に開催される1日研修「新卒者教育プログラム」のお知らせです。

5月2週目の研修は「フィジカルアセスメント」です。

詳細はポスターをご確認ください。

   キャプチャ111.PNG
[グッド(上向き矢印)]クリックすると大きく表示されます


新卒者集中研修「基礎看護技術の実践:注射関係に取り組む」 [新人教育]

こんにちは[わーい(嬉しい顔)]
本日は集中研修8日目をお伝えします。

4月18日の研修は午前が「基礎看護技術:①静脈注射②採血」、
午後が「基礎看護技術:①点滴静脈内注射②血糖測定」です。
担当は新卒看護師の堺原と佐藤です。

静脈注射と採血では、手技を覚えることに必死になり過ぎ、
声かけや観察がおろそかになってしまう部分がありました。

実際に患者さんに実施する際には
しっかりとそこに注意して行っていくことがとても大切だということを学びました[ひらめき]
午後からは、血糖測定では実際に患者として血糖を測定され、
意外と痛いという患者さんの気持ちがよくわかったので、
どのように実施すれば疼痛が緩和されるか考えながら声かけや援助をしていきたいです[手(グー)]

   DSCN2442.jpg DSCN2452.jpg
前の10件 | -